副業についての一考察

やりたいこと 全部やろう

サードボックス岡田です。最近は、花粉症で目が真っ赤、鼻がムズムズです。14年ぶりにUターンで三原の実家に帰ってきて、思い出しました。私は、イネ科の花粉症なのです。5月から6月は、実家のそばの和久原川に生えているヤツに、子どものころから苦しめられています。。

さて、そんな中でも前向きなタイトルをつけてみました。

やりたいこと 全部やろう~

学生時代によく読んでいた経営コンサルタントの大前研一さんの著書の中に、「やりたいことは全部やれ! (講談社文庫)」という本がありましたが、それを思い出しながらつけてみました。

というのも、先日、興味深~いテレビ番組を見て、考えていたことがあります。番組は、TBSの報道特集です。

番組の内容を示す象徴的なシーンがこちら👇

自分流「二足のわらじ」というタイトルで、特集が組まれていました。

つまり、副業・兼業をする人がいま急増している、というテーマです。

本業とは別に、自分で起業したり、他人の仕事をアシスタント的に手伝ったり、地域での社会貢献活動を行ったり、そういう人が増えているという内容でした。

番組の中には、副業・兼業でいきいきとご活躍されている人がたくさん紹介されていました。

「副業で出会いが増えたりつながりができたりするのは、面白い」というコメントにはとても勇気をもらえます。また、副業として働くことで、本業とは異なるスキルや能力を向上することができて、本業にもプラスの影響があるという意見もとても印象的でした。最近は、厚生労働省でも副業・兼業の推進に関するガイドラインをまとめたり、政府としても後押しが始まっています。

二枚目の名刺を持つ人は確かに自分の周りにも多いなと感じていたのですが、いまそういう働き方を求めている人は増えているのですね。

番組を見ながら、ふむふむ、そのとおり、なるほどおれもそう思う、ってな感じで共感していました。ほいで、こうも思いました。

「副業とかで、やりたいこと全部やろうマインドを持った人がたくさんいる地域って、チョー面白くね?」

やりたいこと全部やろう~。

そういう感じで楽しくやっているますので、サードボックスに関心ある方、お問い合わせくださいませ!

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。